新婦人ってなあに? ―「会のあらまし」より―

新日本婦人の会は、1962年10月19日に結成されました。 会創立のよびかけ人には、雑誌『青鞜』を創刊した女性運動家の平塚らいてうさん、作家の野上弥生子さん、童画家のいわさきちひろさん、女優の岸輝子さんら第一線で活躍する32人の女性が名をつらねていました。 会の「5つの目的」(下記参照)をかかげ、多彩な活動にとりくみ(「新婦人のあゆみ」参照)、会の機関紙として週刊の「新婦人しんぶん」、さらに月刊誌『女性&運動』も発行する、日本でもっとも大きな個人加盟の女性団体になりました。 新婦人は” より人間らしく豊かに生きたい” と願う女性のネットワークで、全国の職場、地域、農村に基礎組織の班が1万以上あり、市区町村に880 の支部、47都道府県に県本部をおいて活動しています。 2003年5月には国連経済社会理事会の特別協議資格を取得し、国連NGOとして、国際的な視野で活動をひろげています。 日本婦人団体連合会(国際民主婦人連盟加盟)と国際婦人年連絡会(日本の主要女性団体36団体が加盟)のメンバーでもあり、1955年から毎夏、数万人規模で開催される日本母親大会の中心を担っています。 新日本婦人の会は、2015年11月14,15日、第27回全国大会(2年に1度)を開催しました。 大会には全国各地から代表が参加。多彩な活動を交流し、2年間の活動方針として、「東日本復興、原発ゼロへ!いのち守る社会今こそ!創立50年の新婦人、憲法とジェンダー視点で運動・仲間づくり大きく」の大会議案を採択しました。
新日本婦人の会「5つの目的」
navi_07 核戦争の危険から女性と子どもの生命をまもります。
navi_07 憲法改悪に反対、軍国主義復活を阻止します。
navi_07 生活の向上、女性の権利、子どものしあわせのために力をあわせます。
navi_07 日本の独立と民主主義、女性の解放をかちとります。
navi_07 世界の女性と手をつなぎ、永遠の平和をうちたてます。
◆新婦人のネットワーク◆